ミネラルウォーターって?

ミネラルウォーター。

とても多くの商品がありますよね。

 

「なんかこの水合わないなぁ」

「この水飲みやすい!」

 

こう感じることも少なくないのでは?

 

知っていますか?

ミネラルウォーターにも違いがあることを。

 

お水に含まれる成分による風味や味による違いで細かく分類できるのです。

 

日本におけるミネラルウォーター類の種類は、

  • ナチュラルウォーター
  • ミネラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ボトルドウォーター

この3つに分けられます。

ナチュラルウォーター

「定められた水源(地下水)から採取した水であること。」

「ろ過や加熱殺菌以外に化学的な処理を行っていない水。」

 

つまり、地下から汲み上げたままの水に自然な処理だけを施したものということです。

 

こんな水が「ナチュラルウォーター」です。

 

成分については特に決まりはありません。

 

実は、ミネラルウォーターとして販売されているものの多くが、ミネラルを加えたり、成分を調整しています。

 

「天然の水をそのまま飲みたい!」

というあなたは、ナチュラルウォーターを選びましょう。

 

天然の水とは言っても、

体調不良の原因になるような細菌やその他の微細な物質が入り込まないようにするために、

ろ過や加熱殺菌はきちんとしているので安心してくださいね。

 

「天然のままの水」

聞こえは良い気がしますが、実はミネラルが少ない水でもあるのです。

 

クセがないので、

赤ちゃんのミルクには向いています。

しかし、ミネラルたっぷりの水が飲みたい方には向いていません。

ミネラルウォーター

「ミネラルウォーター」

複数の原水をブレンドしたりミネラル分を添加したりオゾン処理など過熱以外の殺菌処理を行った水のことを指しています。

 

これを聞いて、

「ミネラルを後から足したり、人工的な処理ってイメージ悪いなぁ」

こう思ったあなた。

 

天然そのままではないかもしれませんが、

ミネラルを加えることで、まろやかで美味しく飲みやすいお水になることは事実です。

 

また、人工的な処理を行うことで、

安心安全な一定の品質を保つことができます。

 

ミネラルウォーターと一口に言っても、含むミネラルの量や種類は様々です。

 

上手に選んでいきましょう。

ナチュラルミネラルウォーター

「ナチュラルミネラルウォーター」

ナチュラルウォーターのうち、地層などからミネラルが溶け出したお水。

 

ナチュラルウォーターではミネラルが少ないというデメリットがありましたが、

ナチュラルミネラルウォーターは

「天然のままのミネラル豊富な水」

と言えます。

 

水源によって味がかなり変わってきますので、

良い水源から採取した水を選びましょう。

ボトルドウォーター

「ボトルドウォーター」

上に挙げた3つのお水以外の飲料水を指します。

 

一言で表すと、

「人工的にろ過、処理、殺菌された水」

と言えます。

 

水道水、蒸留水、RO水がこれに当たります。

 

「天然水だと思って買ったらRO水だった」

よく耳にします。

 

ボトルドウォーターに美味しさを求めてはいけません。

 

人が徹底的に管理してキレイにしているお水なので、安全性は抜群です。

 

特にRO水はミネラルから不純物まで、水以外の成分を99.9%除去してくれます。

赤ちゃんのミルクには最も適した水であると言えますね。

まとめ

「お水にもいろいろあるんだなぁ。」

 

こう思っていただけたら嬉しいです。

 

お水は人の生活を変えてくれます。

 

毎日体の中に入れるお水。

せっかくなら安全で透きとおった美味しいお水を飲みたいものです。