水道水の安全性を考える

「トリハロメタン」

お水にちょっと詳しい方はご存知でしょう。

 

一昔前に

「水道水に発がん性物質が含まれている!」

と騒ぎになりましたが、

 

今まで水道水を飲んで育ってきたのに、

今さら危険だって言われても、、、

 

なかなか信じがたいです。

 

「水道水のトリハロメタンは飲んでも安全なのか、危険なのか」

さぁ見ていきましょう。

トリハロメタンとは?

学校のプールって塩素で消毒してますよね?

水道水も同じです。

 

塩素自体も人体に有害な物質であることは事実です。

 

塩素で消毒する際に、生まれてきてしまうのが「トリハロメタン」です。

 

少し詳しく!

飲み水の元となる川の水には、植物から溶け出した腐植質や、生活排水から出る有機物が含まれています。これらの有機物と塩素が化学反応を起こしトリハロメタンが生成されます。

汚れた水源ほど有機物が多いため、発生するトリハロメタンも多くなります。

難しく言うと、、、
トリハロメタンとはメタンを構成する4つの水素原子のうち3つがハロゲンに置換した化合物(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム)の総称です。
トリハロメタンの6~9割がクロロホルムです。

 

「クロロホルム」

聞いたことあるでしょうか?

 

刑事ドラマでよく出てくる、ハンカチで鼻と口を覆って、一瞬で眠らせるやつ。

あれはクロロホルムをかがせているのです。

 

実際にはあんな一瞬で眠ったりはしませんが。

(咳や吐き気、頭痛がするくらいです)

 

問題は、このトリハロメタン(クロロホルム)が

本当にがんを引き起こす可能性があるのか?

水道水にどれくらい含まれているのか?

ですよね。

がんを引き起こす危険性は?

トリハロメタン(クロロホルム)は、

・発がん性物質ではないかと疑われている

・肝障害や腎障害を引き起こす

 

これは事実です。

 

ただ、だからといって

「怖い!水道水はもう飲めない!」

と過剰におびえる必要はありません。

 

発がん性があると疑われている物質には危険度に応じてランク付けがされています。

 

Group 1:発がん性がある

Group 2A:恐らく発がん性がある

Group 2B:発がん性の恐れがある

Group 3:発がん性を分類できない

Group 4:恐らく発がん性はない

 

クロロホルムは「Group 2B」に属しています。

実はコーヒーや漬物も「Group 2B」なのです。

 

ちなみに、「Group 1」には、アルコール飲料や加工肉が分類されています。

 

コーヒーや漬物と一緒、

お酒よりも安全。

 

こう考えると、おびえるほどではないと思えてくるのではないでしょうか?

 

ただ、発がん性の疑いがある物質であることは事実なので、

なるべく避けていきたいところです。

水道水に含まれる量は?

クロロホルムは麻酔薬に利用されてきました。

ただ、大量に体内に入ると、血圧や呼吸、心拍の低下を引き起こし重篤な場合死にいたる危険な物質でもあります。

 

健康被害が出るほど水道水に含まれているのでしょうか?

 

実は、きちんと消毒された水道水に含まれるクロロホルムの量はほんのわずかです。

 

水道水を飲み続けても発がん率が10万分の1を越さないレベルを世界の基準値としています。

それが1Lあたり0.2mgです。

 

日本ではその基準値がさらに厳しく、

1Lあたり0.06mgなのです!

 

ただ、きちんとした消毒というのはお水が水道局を出るまでの話。

 

例えば、

給水管の内側に赤さびがびっしり、、、

貯水タンクの中が汚い、、、

 

クロロホルム以外にも水道水の不安は付きまといます。

沸騰させると増加?

水道水を沸騰させる理由。

「塩素を除去できるから」

これは間違いありません。

 

ただ、トリハロメタンは熱すると増加し続け、

沸騰した直後はトリハロメタンが約3倍以上に増えてしまうのです。

 

大阪市水道局の調査では、

沸騰させて5分ほどはトリハロメタンが増加し続け、

10~15分ほどで減少していきます。

完全にゼロとなるのは50分後だそうです。

 

ですので、水道水を煮沸して使うときは10~15分以上沸騰させ続けてから使うようにしましょう。

きれいなお水のある生活

「沸騰してから15分も待つのはめんどくさい!」

 

誰もがこう思いますよね。

 

沸騰させなくても日本の水のトリハロメタンの量はごくわずかですので、

100%安全とは言えませんが、健康に影響がない水準だと考えてよいと思います。

 

ただ、「安心」という意味では疑問が残ります。

 

小さなお子さんと大人とでは、

同じものを口にしても健康への影響は違ってきます。

 

ちりも積もれば山となる。

小さな不安が溜まっていくと大きなストレスになることも。

 

でも大丈夫。

お水の不安は簡単に解決できます。

 

ちょっとでも不安が残っているあなた。

「安心して子供に飲ませられるお水」

自宅で作れることを知っていますか?

 

「水道直結型のウォーターサーバー」

これさえあれば、雑味がないきれいな水が使い放題です。

 

実はきれいなお水は料理の味も変えてくれるんです。

 

お水を変えることで

あなたの生活が変わりますよ。